«

5月 17

相続した借地権の買い取りはどこに相談する?

相続した借地権付きの建物など、今は別のところに住んでいるので使用しないという人もいます。借地権は資産として相続することができるものですし、相続をする際には借地権付きの建物だけを相続しないということはできないので、資産を相続する相続人は必然的に借地権付き建物も相続しなければなりません。ですが、借地権付き建物は必要なという場合には、買い取りを検討しているという人も多いのではないでしょうか。

相続した借地権付きの物件は、地主の承諾があれば売却することができます。個人間で売却することもできますが、専門的な知識や地主との交渉などが必要になることから、業者を介して売却をする方がスムーズに進みます。

では相続した借地権付きの建物の買い取りを希望する際には、どこに相談すればよいのか?ですが、基本的には不動産業者となります。不動産業者であれば、日々の業務で不動産の売買を行っており、専門的な知識や実績なども豊富にあります。不動産業者であれば地主や買い手との交渉もスムーズに行うことができ、場合によっては借地権付きの建物を不動産業者が買い取りを行うという場合もあります。相続した借地権付きの建物の売却を考えている場合には、まずは不動産業者に相談してみましょう。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加